スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひつじとオリジナル小説作品のかんそう

土曜なのに雨です。おかしい……こんなことは許されない……。
この分じゃせっかく満開になった桜も頃を過ぎてしまうかもと、ちょっとだけおセンチなひつじです。

それはさておき、感想を書きやがったら屠殺して肉にしてやるぞ!(意訳)といったことをツイッターで言われました。
これは誇り高き毛玉の血族としては勝負を受けざるを得ません。やらいでか!
あ、でもジンギスカンにされたら流石に熱くて死にそうなので、岩盤浴くらいでお願いします。



そんなわけで今回ご紹介するのは「チョコレート/ノクターン」、そして対となる作品「チョコレート・ロジック」。作者はAzukさんです。それでは本文をどうぞ。



『チョコレートシリーズを読んで ――バレンタイン・シンドローム』

 書く人である「彼」と書かれたものである「少女」の物語。ひつじも一応物書きの端くれなので、作品と作者の間にある微妙な距離っていうのはたまーに意識しちゃいます。藍より出でて藍より青しっていうか、書き手の意図を作品が超えていくことってままあるんですよね。しっくり来る言い回しが思いつかなくて散々悩んだ後に「もうどうにでもなーれ」という感じで放り投げた一言が、読み直してみたら見事に前後の文脈を受けて物語をまとめるすごくかっこいい描写になってたりするのです。ん? ない? ひつじはあるんですよ! 毎回オチなんてノープランだよ!

 勿論その逆で、最初に書きたかったものとは全然違う「どうしてこんなことになってしまったんだ」現象もよくあります。ひつじはジラウジーニョ先生みたいな作品も書いてみたいので頑張って練習しているのですが、語彙とか発想力というのはそれぞれが生まれてからこれまで積み上げてきた経験や知識に裏打ちされるものである以上、まねっこするのは大変です。他にも真似してみたい雰囲気の作品を書く人だらけでPixivって困りますね。わおんさんとか。

 そんなままならない縛りプレイをしながら、読む人が信じたくなるような嘘をつく。嘘であるからこそ作品に整合性を求め、嘘であるからこそ資料にあたり時に取材をし、嘘であるからこそ現実よりもリアルなものにしようとして、そこまでしても嘘は嘘でしかない。ひつじも人間の皆さんの気持ちを想像しながら書くのは大変です。月夜のビルの上に一人かっこよく立つ登場人物がいきなり分離不安を覚え始めて「み、みんなはどこ!? 群れは!?」とか言い出したらぶち壊しですからね。野生の本能とのたたかい。

 そういった書いている時のじれったさとか完成した時の少し寂しい感じなんかを、擬人化した作品である「少女」との対話として飾らない筆致で描いているのがステキです。好きで好きで書きたくて、でも思うように書けなくて理想の少女の形から遠ざかっていく一方で、その上書きあがってしまって公開すれば、それはもう自分だけのアリスにはしておけない。
 ただひつじの作品っていうのはどうでしょう、あんまり可愛い女の子っぽさはないので「彼」が羨ましすぎるんですけどね。それはいいか。関係なかったです。でも羨ま死刑。


「でも、本当になるかもしれない。そんな希望があるから、あなたは書いている」
「ただの意地だよ。伝えなきゃ、って、伝えたい、って思ったんだ。
 人生にはきっと取り返しのつかないことしかなくて、でも、だから」



 自分という出来合いの材料からそれ以上のものが生まれてくるのかどうか苦悩していた「彼」は、果たしていつか開き直れる日が来るのでしょうか。もしひつじが彼に声をかけてあげられるのなら「安心して書いていいんだよ」と言ってあげたいです。市販の板チョコだって湯煎して固めなおしてラッピングすれば、それはもうオンリーワンの本命チョコです。ホワイトデーに三倍返しを要求出来ます。大体自分のことなんて自分でだって良く分からないものですからね。書いてるうちにひょっこり、知らない自分が鏡写しの作品の中に映し出されるかもしれません。

 何より物語として記された内容は嘘でしかなくとも、物語を記したという行為そのものは紛れもない真実です。書き上げられた時点で、もしかすると書いている最中でさえ、「少女」は本当の存在として私たちの傍に居てくれるんじゃないかな、なんて。そんな事を思ったりしちゃいます。
 まあひつじの場合、少女じゃないんですけど。くそぅ……。



そんなわけで、SSなどを書いている立場の皆さんにはきっと共感頂けるだろうこの作品。
もっとたくさんの人に読んでもらえればいいなあということで、ひつじのオススメです。

comment

管理者にだけ表示を許可する

08 | 2017/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

どうみてもひつじ

Author:どうみてもひつじ
ウール100%でお届けしております。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。