スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひつじとしょうじょえー

ひづめでだってゲームは出来る。
でも昇竜コマンドみたいな複雑なコマンドだけは勘弁な。
どうも、ひつじ・ザ・被接待ゲーマーです。
パッドで斜め入力なんて無理だよぉ……。


そんなわけで原作ゲームからのメディアミックス作品として、最近はアニメのアイドルマスターを楽しみに見ています。
そこでウェブ上の実況スレまとめや、ゆかいな動物仲間との会話で大抵話題に挙がるのがコレ。

『アイドル関係ねぇwwwwwwwwwwww』

そう言われると確かに、アイドルの成長物語というよりは日常系作品のノリの方がひつじ的にも強く感じられていたのでその通りかなーと思っていました。
でも考えてみると現在の最新話である8話までの中で仕事らしい仕事をしていないのって、海に遊びに行った5話とやよいのお話だった7話くらいなんですよね。
宣材用の写真を撮り直す話だった2話も直接対外的なお仕事ではないですが、アイドル活動のうちと言えるでしょう。
つまり、仕事をしていないせいでアイドルらしさを感じられないのではなく、アイドルらしい仕事をしていないのが問題なのかなあ。
と、ここでふと気がついたのです。
アイドルらしいって、どんな感じ?


ここからはひつじのイメージですけど、例えば8話のブライダルモデル、これもアイドルの本業とはちょっと遠い気が。
本来ならモデルさんがやるお仕事ですから。
どちらかというと売れっ子のアイドルにあやかって、アイドルをモデルに起用したということを雑誌側が売りにする形の方がしっくり来ます。
4話のゲロゲロキッチンはそれよりちょっとアイドル寄りになった……というよりバラドルのお仕事かな?
アイドルがやっていても自然ではあるんだけれど、アイドルといったらコレ!というお仕事ではなさげ。
そうなると残りは3話におけるステージライブと、6話における竜宮小町の音楽番組出演。
これらは先に挙げた二つに比べるとかなりしっくり来ます。
どうもひつじ的には、ステージライブとテレビでのメディア露出の多さ、あとは多分凄い売り上げのアイドルソングと一般の人たちからの知名度がアイドルらしさを感じる要因のようです。
付け加えるならサイン会や握手会も欲しいところ。
このあたりは多分人間の皆さんと大きなイメージのズレはないんじゃないかしら。


でもこのイメージがひつじの頭の中から唐突に沸いてでたものなわけはなくて、そういった人たちがアイドルと呼ばれているのを見て来たことによってひつじ脳に生じたものだと思います。
いえ、違います。ひつじはまだまだ若いです。小鳥さんよりは。
実際若いひつじが物心ついたころには既にアイドルブームは下火で、元アイドルがバラエティでMCや出演者をやっていることの方が多かった気がします。
そしてそれ以降のアイドルの記憶となると、モーニング娘。とAKB48しかなかったり。びっくりだ。


で、何を言いたいのかというと、ひつじは『まだ売れていないアイドル』がどんななのかさっぱり想像もつかない、ってことなのです。
ひつじにとってアイドルっていうのは既に成功している人たちで、ライブをすればチケットが高値で転売され、新曲は出すたびオリコンランク入り。テレビからもひっぱりだこ!というような存在です。
もしかするとひつじより上の世代の、いわゆるアイドルブームが直撃だった人たちはちょっと違うのかもしれません。
猫も杓子もアイドルアイドルだった時代であれば、アイドルが取り上げられる機会が多い分だけ、マイナーなアイドルの露出も今より多かった可能性がありますし。
とはいえそれをアイドルらしさの描写に使ってしまうと、ジェネレーションギャップ!あいてはしぬ!ぐわー。となってしまいます。


よって春香さんが「ドームですよ、ドーム!」と言い出すあたりまで話が進まないとアイドルらしさはお預けなんじゃないかなあ、なんてことを考えていたので書いてみました。
でも無名の春香さんたちにゴールデン進出やドームライブをさせられないなら、既に名前が売れている竜宮小町で売れっ子アイドルのイメージを目指すべき目標として描いてくれてもいいんじゃないかな、とは思います。
確かに6話で竜宮小町フィーバー!みたいな描写はあったのですが、7話冒頭でいきなり伊織ちゃんが無名扱いされていたせいでどうにも良く分からないことになってしまいました。
一方でキー局の番組と思しきゲロゲロキッチンに竜宮小町組ではない4人が出てしまっているため、街中で声をかけられる竜宮小町と、変装なしでも歩けるそれ以外といった差がつきそうにないのが問題です。
あまとうくんの本格的な出番に前後して、多分そのあたりもしっかり演出してくれると思うのですが、それってつまり「この戦争が終わったら結婚するんだ」ってことなんだよなあ……あ、ひつじは信者とかアンチとか人間社会の高度な文化はよくわかりませんので、あしからず。



ちなみにひつじは少女AよりDESIREの方が好きです。

theme : アイドルマスター
genre : アニメ・コミック

comment

管理者にだけ表示を許可する

04 | 2017/05 | 06
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

どうみてもひつじ

Author:どうみてもひつじ
ウール100%でお届けしております。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。