スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひつじとアイマスSSのかんそう その2

モバマスが気になって気になってしょうがないひつじです。
招待特典雪歩さんかあ……。
ううんでももっと好きなアイドルが次は特典に来るかも……。
いやでもさっさと始めて次からの特典も手に入れればいいだけなんじゃ……。
なんてことを考えつつプルプルする毎日です。

期間限定なんていうものを考え出してしまう人間はひどい生き物ですよね。
リアル畜生のひつじから見ても、見事なまでにぐう畜。
このブログに「くやしい…!でも…」という台詞がお目見えする日も遠くなさそう。


さて、今回ご紹介するのは「A Song For Life」/「メグレス」
タイトルはこちらの曲が出典とのこと。それでは本文れっつごー。



『A Song For Lifeを読んで ――And then, Sing to Live.』

 ひつじって時々本番より、その前にある時間の方がわくわくしちゃうことがあります。サッカーだと、試合前のウォーミングアップ。野球なら、リリーバーが投球練習を始めたブルペン。オーケストラなんかだと、演奏の前にいっせいにA音を出す調音の時間。他にも色々。こういうのって共通して、これから舞台に上がろうとする人たちのちょっとした儀式みたいな雰囲気があって、「いったい何が始まるんです?」感がたまらないのです。

 なので、ひつじがこの作品で一番お気に入りなのは調弦のシーン。Attunement。かっこいい響きですね。全体的にさらりとした文体を用いまるで小川が流れるように書かれたこの作品で、プロデューサーが調弦している様子を描くのに演奏の描写よりもたくさんの言葉が使われているというのは、やっぱりどうしても印象に残ります。はい、今回のひつじ感想がスポットを当てるのはここ。このシーンです。

 詳しくお話すると長くなるのでざっくり乱暴に言っちゃうと、音律、つまり音の高さに名前をつけるルールっていうのは、実は一般的なイメージよりも結構自由自在にやっちゃっていいものだったりします。だからその種類によっては、同じ「ドとレの間の音の高さの差」が微妙に違ったりして、そのあたりはどんな曲を演奏するかだとか、あるいはその人の好みや気分でまあその、色々とあるんですよ。

 だからこそひつじは妄想しちゃうのです。そんなところにまでコダワリのあるこのプロデューサーは、もしかするといつかギタリストとして生きて行こうとしていたことがあったんじゃないかって。それは何も具体的に将来設計までしてました! とかそういうことじゃなくていいんですけど、とにかく彼は生きるということの一番近くにギターの音を置いておきたかったんじゃないかな、っていう。でもそれは叶わなくて、流れ流れて今ではショウビズの裏方をやっている。そして時々、誰もいない事務所で一人「プロデューサー市」から「ギタリスト村」に里帰りするのです。のすたるじあー。


 通常は5弦のA音から合わせる事が多いが、彼の場合はまず3弦G音を最初に合わせ、
 その後下に向かって、
 2弦B音、1弦E音。
 今度は上に向かって、
 4弦D音、5弦A音、6弦E音と、中心から端に向けて合わせていく。



 きっとあの時プロデューサーがチューニングしたのは、「彼」という人生を奏でるための、「彼」だけの、届かなかった未完成の音律。どんな人間でも響きあう絶対の和音なんて、生まれた時の完全1度と、死ぬ時の完全8度しかないけれど。それでもプロデューサーの調弦する姿を、そして演奏を見届けた千早は、「私」が「私」を生きるために何が必要なのかふと気付いたんだと思います。プロデューサーにギターを教わり弾けるようになったであろう、作中時間から少しだけ未来の彼女は、きっと自分だけのピッチを求め、スケールを探し当て、やがては如月千早という音とハーモニーを生み出せる誰かを見つけ出して生きていくのでしょう。そんな人生の歌が、かつて音楽で生きていきたかった大人から、これからも音楽で生きていく子供へと穏やかに受け継がれていく小さな物語。そこに耳を傾ければ、アコースティックギターの優しい音色が聞こえて来るに違いありません。



なんかほとんどひつじの妄想前提になってますが、ステキな作品なので仕方ないです。
ひつじは鍵盤をちょこっと触れる程度なんですけど、これを読んでるとギターを始めたくなっちゃうくらいステキ。
しかし、ひつじの前脚にあるのはひづめ。ひづめなんだよなあ……。ぐぬぬ。
て、テルミンなら多分何とか……。

comment

管理者にだけ表示を許可する

10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

どうみてもひつじ

Author:どうみてもひつじ
ウール100%でお届けしております。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。